カッパとボードゲーム

カッパがひたすらプレイしたボードゲームのレビューをするブログ。脱出ゲームの感想も書いてます。

人狼ジャッジメント おすすめの部屋構成

『かっぱクエスト』 iOSで配信中
かっぱクエスト

【スポンサードリンク】

人狼ゲーム クレイジーフォックス(1) (バンブーコミックス)
人狼ジャッジメントをやり込んでいると、
自分で部屋を作りたくなって来ます。


更新履歴:

2018/8/22 役欠け部屋を追加
2018/7/6  真の饒舌部屋(上級編)
2018/7/6 「死にたがりの部屋」を追加
2018/6/21 「逆部屋」を追加
2018/6/21 「呪われとサイコと恋人」を追加

自分で部屋を作るメリット

  • 自分がブロックした人は来ないという安心感
  • 「初日ランダム占いの有無」や「時短延長は過半数/全員」など好みの細かい設定も可能

「初日ランダム占い無し」なのに、
狂人が占いCOして280で嘘占い結果を言ってしまい狼側と判明……とかの悲しいミスは無くなります

  • 何度もプレイしていると基本ルールでは満足できず、「おれのかんがえた最高の人狼」をプレイしたくなりますよね。その欲求を存分に満たせます
  • ゲームが楽しくなりそうな部屋構成を考えること自体が楽しいんですよね

おすすめの部屋一覧

女王と裏切り者(確定した呪われし者)

部屋構成
狩人 2
賢者 1
霊能 1
女王 1
呪われし者 1
妖術師 1
人狼 2
合計9人 市民6(そのうち1人は呪われ) 狼3

何度かやりましたが、意外とバランスが良くて好評でした。
普段とはまるで違う人狼ライフになりますが、ちゃんと心理戦できるバランスになってます

コンセプト
  • この部屋に市民はいないので、自分の役職が「市民」と見えてる人は自分が呪われし者だと分かってます
  • 呪われし者が人狼に変化した時、女王の正体を密告される危険性があります(裏切り者)
  • いざとなれば村陣営のまま進めていき、噛まれてもオオカミ化して強いというかなり強力な役職です
  • 人間サイドはいかに女王を守りつつ狼を倒せるか、狼は如何に女王を見つけて倒すかの勝負となります
  • 村としては「初日に呪われし者が塩してくれて、みんなのために吊られてほしい」という総意があるかもしれませんが、自分個人の勝利を優先する呪われし者ならば塩しない事も多いです
メリット
  • 全員が役職持ちなので楽しくプレイできます
  • 狩人が二人いるので場が硬直する可能性がありますが、しかし女王以外を守るのは勇気がいります。狩人二人という利点を活かすのはなかなか難しいです
  • 賢者と妖術師がいるので役職がどんどん透けていくので、そこまで長期戦になりません
  • 推理要素が結構あります
  • 占いでは白判定をしても、役職を言えない人ばかりです

(狩人だと言うのもリスクある。呪われし者ならば、占い結果を言ったならば確実に吊らないと危ない状況になる)

  • 「犠牲者が出ない」→狩人がグッジョブしたのか、呪われし者が変化してしまったのか でドキドキします
  • 女王の正体が分かっても狩人二人というガードが硬いのが悩みどころ
起こった珍エピソード
  • さんざん寝返りを仄めかしてた呪われし者が、結果的に村に協力して勝利し「呪われし英雄」扱いになったりする事もありました
  • 妖術師の吊られる前の「役職全バラし」なども起こり得ます(正体が妖術師だと確定すると、開き直ってからの総バラシがある。しかも総バラシの中に囲いもあったりするので脅威)
  • 呪われし者が初日に吊られる場合、「女王をバラされたくなければ他を吊ってくれ」という取引がおきた事もあります
  • 他にも投票終盤で「おれは呪われし者だから噛んで」と堂々と塩する者もいました

(噛まれたら自分の勝利はかなり確実だし、噛まれなくても村人としてまだ戦える)

  • 妖術師と賢者対抗で、いきなり女王含めて二人を白だしして信頼を勝ち取って勝利した者もいました
注意点、その他
  • 初日ランダム占い有りにしてますがお好みで。

(妖術師はランダム白でも初日から人狼を占える点に注意。意外と知らない人が多い)

  • 呪われし者が噛まれた場合、狩人が護衛に成功した時と同じで「今夜が犠牲者はいませんでした」と表示がでる

復活する赤ずきんと人狼

部屋構成
市民 2
占い 1
霊能 1
狩人 1
赤ずきん 1
サンタ 1
狂人 1
人狼(or賢狼) 1
蘇る人狼 1
合計10人 村7(その内サンタ1), 狼3
コンセプト
  • 「赤ずきん」と「蘇る人狼」がそれぞれ復活する可能性があります
  • 誰かが復活してもそれが「赤ずきん」なのか「蘇った人狼」なのか分からないのでドキドキします
  • 狩人がGJ連発したり上記の役職が復活したりして長期戦になると、第3勢力であるサンタにも勝利が見えて来ます
  • また、サンタという第3勢力がいるため、最後に狼とサンタが二人きりになり 狼&サンタ勝利というパターンもあります
メリット
  • 人気役職のサンタがいる。
  • 「蘇る人狼」と「赤ずきん」で奇跡の復活コラボが起きるかもしれません
  • サンタ含めて10人なので、それ以外はスタンダード部屋と準拠しているのでオードソックスなバランスで楽しめます
デメリット
  • 全く蘇りが発生しいない場合も全然あります
  • その場合、サンタがいるだけで基本部屋とあまり変わらないです
何度かプレイした感想
  • サンタは非常に勝利が難しい印象がありますが、私の作った部屋では7回中2回もサンタ勝利がありました
  • サンタは初日にCOして傍観者になりながらゲームが進むパターンが多かったです
  • ↑サンタは泥仕合になるように投票して来るのが厄介。村サイドとしての過信は禁物です
  • 一度だけ狼がサンタCOしてきた珍しい回もありました
  • 「狂人」は「狂信者」か「ささ狂」に変えても楽しいですが、その場合はPPが簡単なので狼が有利に感じました

饒舌な人狼部屋

市民 2
占い 1
霊能 1
狩人 1
サンタ(もしくは「妖狐」) 1
狂信者(もしくは「ささやく狂人」) 1
饒舌な人狼 1
饒舌な人狼 1
合計9人 村6(その内 サンタ1) 狼3
コンセプト
  • 「饒舌な人狼」を楽しむ部屋
  • あとでログを見たときの面白さが凄いです
  • 狼は二人とも饒舌なので、それだけだと狼サイドが不利なので「狂信者」を味方につけてます
  • 「狂信者」がワード推測されそうな狼をかばってくれる動きに期待ですね
  • 狼が饒舌2名だと、システム的に「みんな黙ってれば村の勝ち」になってしまうので第三勢力として「サンタ」を導入しました
  • 好みでサンタは削っても良いですが、イロモノキャラがいた方がお題を言いやすいという利点もあるので入れてます
  • 「饒舌な人狼」がいると別ゲームな感じになって楽しいので、一度は是非遊んでみて欲しい部屋です
メリット
  • 「饒舌な人狼」を心ゆくまで楽しめる
デメリット
  • 上級者が多く入ると、饒舌ワードで一瞬にして勝負が決まる事があります
  • とはいえ、饒舌ワードの難易度はかなりバラツキがありますし、狂信者がミスリードもしてくれるのでブレ幅も大きいですが……
その他
  • 狼側のサポート役が「ささやく狂人」だとワード相談は面白くなるのですが、強すぎてPP勝ちが多くなってしまうのでお好みで
  • 管理人は「狂信者」くらいが良いバランスに感じました
  • 饒舌のシステム吊りを避けるため第三勢力を入れましたが、「妖狐」だと少し強すぎる印象でした
  • ↑「妖狐」が強すぎて狐の一人勝ちが多かったのでサンタにしました。サンタはちょっと難易度高めですね
  • ↑いっそ第三勢力を削るという選択肢もありますのでお好みで

集まる第三勢力

部屋構成
占い師 1
霊能者 1
狩人 1
逃亡者 1
番犬 1
妖狐 1
ゾンビ 1
妖術師 1
饒舌な人狼(饒舌が嫌いなら、他の狼でも可) 1
蘇る人狼 1
合計10人 市民5 狼3 その他 2
コンセプト
  • 第3陣営である「ゾンビ」「妖狐」が終結した部屋
  • (サンタや照る照る坊主などは「追加勝利」なので除きました)
  • この部屋では「襲撃失敗」の要素も多いです。 狐襲撃や、逃亡者の逃げ、番犬の護衛など
  • そのため試合が長引く可能性があるのでゾンビもワンチャンあります
  • 一方で、「逃亡者」が巻き添え死亡したり、「狐」が占い殺されたり、「番犬」が飼い主を噛んだりと一気に死体が増える場合もあります
  • 複雑な場所ですが、「饒舌な人狼」はワード推測からの推理も可能となってます
  • 色々な役職が集まるカオスな部屋に見えますが、バランスは結構良いです
  • 占いが3人以上COするとカオスな場になる可能性があります
メリット
  • 市民が一人もいないので、みんな何かしらの役職を楽しめます
デメリット
  • 前述した通り、一気に人が死んだり誰も死ななかったりで、試合時間がかなり読めないので注意してください
注意点、その他
  • 妖術師は占いよりも有能に見えますが、狐を呪い殺す事は出来ないのがポイント
  • 基本的に「占い師」と「妖術師」により正体を暴きながら場が進行していきます
  • 番犬が占いで「黒」と出るのも難しいです
  • 饒舌な人狼を普通の人狼に変えても良いです。お好みで
  • ↑複数勢力がいてカオスな部屋なので、人狼の正体を辿る推理要素の一つとして饒舌を入れてます
  • ↑妖術師、狼2だと狼が少し強いのでバランス調整の意味合いも含めて饒舌にしてます

医療ミスとバイオハザード(中級者以上推奨)

占い師 1
霊能者 1
医者 2
独裁者 1
狂人 1
呪われし者 2
能ある人狼 2
合計10人 市民7(その内、呪われ2) 狼3
コンセプト
  • 医者二人、呪われ二人が特徴的です
  • 医者同士は連携しなければ注射2本で医療ミスを起こす危険性があります
  • 逆に医者同士が連携して医療ミスを意図的に起こす事で、疑わしい人を噛む事もできます
  • この部屋には市民がいないため、呪われし者は確定です
  • 対策をしないとどんどん人狼が増えるバイオハザード状態になってしまいます
  • かなり推理要素が多い部屋なので、議論が時間内に終わらない事も多いです

(誰を吊るか、注射は誰に打つかなど話すべき事が多い)

メリット
  • 全員が役職持ちです
  • 推理要素がかなり多く複雑なので、難しい部屋を好む人は楽しめます
  • 追い詰められても独裁者COからのPP回避など、華麗なる逆転劇もあります
デメリット
  • 狼が一気に増えたり、逆に注射で守られたら狼が全然歯が立たなかったりと運要素も少なからずあります
  • 狼の襲撃が連続で医者に守られると、狼は無理ゲーと感じてしまうかもしれません
  • 逆に呪われが連続で噛まれると村側が無理ゲーと感じてしまうかもしれません
  • もちろん、メリットで記述したように逆転要素もあるの、何度か対戦した感じではバランスはそう悪くないです

(稀に一方的すぎる展開があるというくらいです。どの部屋でも初日黒吊りは狼側が厳しいので、どこもそうですけど)

コツなど
  • 「犠牲者なし」→「グッジョブor呪われor能ある狼」です
  • 「複数の犠牲者」 → 残念ながら医療ミスが起きました。同日に同じ人に注射2本か、二日連続で注射を受けました
  • 本来なら占いや霊能を守るのがセオリーですが、この部屋では呪われを噛ませない事、医者の方が強い能力を持つので重要です
  • 「呪われし者」は医療ミスや吊られた場合は変化しないので要注意です
  • たまに「呪われし者」がスタンドプレーで怪しい動きをするので推理を撹乱される危険性があります
  • 医者を一人だけCOさせて(狼側も医者COしてくるので大変ですが)、「潜伏医者はCOした医者に注射して」と指示するのが良セオリーかと思います
  • ↑COした医者がヤブ医者(偽物)ならば医療ミスで倒せますし、そうでなければ医者を守りつつ、COした医者は好きな人を守れます
  • 狼側は仮指定などされたり、医者がCOした場合は自分も医者COした方が良いです。医者真が二人確定すると強すぎるので狼側が不利になります。また、医者は二人いるので嘘COしてもバレにくいのが利点です
  • みんなCOしすぎると役職が透けて、狼が呪われを噛みやすくなる危険性があるので注意です(逆に呪われを守れやすくもなりますが)
その他
  • 推理要素が多く議論が時間内に終わらない事が多いため、「中級者以上に設定した方が良い」と参加者からご意見をいただきました

沢山の狐部屋(中級者以上推奨)

市民 3
占い師 1
狩人 1
呪われし者 1
妖狐 2
小狐 1
背徳者 1
能ある人狼 1
合計11人 市民6(その内、呪われ1) 狼1 狐4
コンセプト
  • 大量の狐陣営がいます
  • 狼はまさかのソロプレイ(呪われを噛めれば陣営二人になります)
  • いきなり狼を吊ったら狐勝利で終了してしまうのでくれぐれも慎重に
  • この部屋は霊能がいないため、高い推理力が求められます
  • 普段はあまり見ない、人間VS狐の戦争が見れます
コツ
  • 狼は吊られたらその場でゲーム終了なので、吊られる確率濃厚ならばCOしてしまいましょう
  • COしてもまだ呪われを噛めば逆転の可能性もあります
  • 占い師が沢山COしてくる可能性があります
  • この部屋で信用できるのは占いの呪殺です(霊能はいない)
  • そのため、占い先をゾーン指定するなどして、どの占い師が真かをいち早く見極めましょう
  • 狐側は狼さえ吊れれば勝ちなので、隙をみて全力で狼を吊りに行きましょう

後追い部屋

人狼 1
狂人 2
狂信 1
サイコ 2
猫又 1
罠師 1
賢者 1
独裁者 1
妖術師 1
  • 沢山の犠牲者がでる可能性がある部屋です
  • 下手すれば1日で決着つくことも少なくありません
  • くれぐれも慎重に、誰を吊るかを話し合いましょう

アルティメット人狼部屋

占師 1
霊能者 1
狩人 1
村人 6
人狼 3
狂人 1
合計 13人  人間陣営 9 狼陣営4
アルティメット人狼部屋とは
  • これはおすすめ部屋とは違いますが、有名な部屋なので紹介です
  • 元は各分野で活躍する有名人が集まってイベントをするときの名称でした
  • その際に行われた部屋の構成がこれで、かなりの上級者向けの部屋となってます
  • 人狼ゲームに慣れ尽くし、高度な心理戦を求めるならばこの部屋を作るor入ると良いです
  • 慣れてなければ会話についていく事も難しいので注意してください

逆部屋

狂人 2
狂信 1
サイコ 1
妖術師 1
饒舌な人狼 1
賢者 1
暗殺者 1
独裁者 1
わら人形 1
狼少年 1
合計 11人  人外6 村5
特徴
  • 最近(2016年5月)あたりから流行り始めた部屋です
  • この部屋では「狼側の方が圧倒的に多く、人間側がアウェー」という通常とは逆の部屋になっています
  • 毎日ppで村目の人が処刑されていきます
  • 村は暗殺者や独裁者など強力な役職ばかりなので、この部屋の狼を見つけだし能力で倒せば勝利となります
  • 普段とはまるで違う人狼ゲームを楽しめるのが醍醐味になってます
メリット
  • 能力者が多く、能力使用も多いので派手な戦いになる
  • いくつか役職を変えた様々なバリエーションがあります(ささ狂にしたり、狼を二人にしたり、罠師や魔女を加えたり)
  • 狼側のロールプレイを堂々とできます
デメリット
  • 慣れていないとあっという間に負けます
  • (普段の人狼ゲームとはまるで流れが違うので、まずは観戦などをして慣れるのも手です)
  • 暗殺や独裁でいきなり狼を当てられて負ける事もあります。人狼ゲームは確率のゲームの側面もあるので仕方ないですが、人によっては運ゲーに見えるかもしれません
コツ
  • 「狂人」は通常ゲームで言うところの「市民」のような役割です
  • 「狂信」は進行役が多いです。「狂信」進行ならば指定で狼を吊らないで済みますし
  • 「賢者」は「妖術師」COで対抗しましょう。賢者COするとその場で吊るされます
  • 「賢者」は狼さえ見つければあとは暗殺者や独裁者に任せて勝利できるので非常に大事な役職です
  • しかし「妖術師」も当然村をだますように偽の黒出しをするかもしれないので村側は要注意です
  • 「サイコ」はCOが基本です(誤って狼を倒さないため)
  • 「独裁者」はサイコ対抗をよく見ます。(「暗殺」も稀にサイコCOします)。「サイコ」COなら噛まれにくいですし、吊られそうになっても独裁で回避できます
  • 「狼少年」は、「サイコ」の真偽を確かめるための特攻用として能力が使われることが多いです
  • 「わら人形」は終盤まで残ると狼を狙いやすいので強力です。序盤に死ぬと道連れ先が安定しないので注意です
その他
  • 狼側を饒舌にするかどうかは好みです
  • 個人的には、村側にも推理要素を増やして勝ち目を高くしたいので有りかなと思います
  • (狼勢が撹乱のため、一斉にワードを喋り出すのでカオス部屋になり得るという危険性もあります)

呪われとサイコと恋人と 高度な推理部屋

市民 3
呪われ 1
占い 1
霊能 1
狩人 1
聖職者 1
市長 1
サイコ 1
人狼 1
強欲な人狼 1
ささやく狂人 1
合計 13人  人外4 村9(その内、呪われ1)
この部屋の特徴
  • 「恋人」がいる部屋はランダム要素も強くカオスな部屋が多いですが、この部屋は非常に推理要素が強いです
  • 複数犠牲者の要因も「サイコ」「強欲」「恋人」と3つの要素が考えられます
  • 犠牲者なしの要因も「狩人」「聖職者」「呪われ」と3つの要素が考えられます
  • 「ささやく狂人」なので占いに狼が出る事もあり得ますし、狼側のppは常に怖いです
  • 恋人が村側、狼側、(或いは両陣営)のどこに所属するかでだいぶ展開が変わりますが、バランスはそう悪くないです
メリット
  • 推理要素が強いので、いつまでも議論できます
  • 「複数犠牲者」や「犠牲者なし」の要因は大抵一度のみ発動なので、ちゃんと推理できるようになってます
  • (強欲は一度しか使えないし、恋人の後追いも一度だけ。  呪われや聖職者による犠牲者なしも一度だけ)
デメリット
  • 運が悪ければあっという間にppです(恋人が村カップルで、強欲で呪われを噛まれて一気に勝利など)
コツ
  • サイコがいるのでちゃんとゾーン指定はしましょう
  • サイコも恋人がいる場合はあまり能力が発動しないようにするなどの工夫が必要です
  • 狼、ささやく狂人も仲間内に恋人持ちがいる可能性があるので、仲間の言動も疑いましょう
  • 狼の早いppが狙えそうに見えますが、狼側も恋人を先に倒さないといけないので結難易度が高いです

死にたがりの部屋

独裁 1
暗殺 1
藁人形 1
殉教 3
てるてる 3
黒猫 3
賢狼 1
合計 13人
コンセプト
  • 本ブログのコメントでオススメしてもらった部屋です
  • メンバーの大半が死にたがり
  • ゲームが開始すると全員が「俺を吊ってくれ」と言ってきます
  • しかしてるてる坊主は黒猫の道連れや噛みでは死にたくありません
  • 暗殺者、独裁者、藁人形は吊られるわけにはいきませが、正体を隠すために吊られたい振りをする必要があります
  • 狼ももちろん吊られたい振りをします
メリット
  • 普段とはまるで違う、死にたがりの物語を楽しめます
  • 占い師がいないため、高度な推理力が必要となります
  • 一気にたくさん死ぬこともあるので、一試合は短めです
デメリット
  • メンバーによってはカオス気味になる事があります
  • 初めに狼を吊ってしまえば一瞬にしてゲームが終わってしまいます
  • (↑その場合、狼はCOして吊りを回避はできますが暗殺者によって高確率で倒されてしまいます)

真の饒舌部屋(上級編)

市民 2
市長 1
独裁者 1
黒猫 1
饒舌な人狼 2
合計 7名  村 4狼3
コンセプト
  • 饒舌な人狼をメインにした上級者部屋です
  • 占い師も狩人もいないため、能力に頼らず純粋な推理力で饒舌を見つける必要があります
  • 黒猫は自ら吊られるためにワードをこっそり言うのがコツです。露骨すぎると黒猫とバレるので気をつけましょう
  • 狼はワードがあまりに難しい場合、黒猫の振りをしてワードを連呼してしまうのも一つの方法です
  • 狼は黒猫を噛みたくないので、自分たち以外にワードを言ってる人が黒猫なので必死に探しましょう
  • 村側はワードを探す上で、黒猫か饒舌かの違いに気をつけて探す必要があります
メリット
  • 占い師がいないので純粋なワード探しができます
  • 狩人などがいないので、長引くことなく勝負が終わります(人数も少ないです)
  • pp されにくいように村側にも投票関係で強いキャラが多いです
デメリット
  • 初日に黒猫を吊るとその場でゲームオーバーなので要注意(難しすぎると感じたのならば市民の数を増やしても良いです)

欠けた役職部屋

呪われ 1
占い 1
霊能 1
狩人 1
番犬 1
生き霊 1
猫又 1
黒猫 1
狼少年 1
饒舌な人狼 1
賢狼 1
恋人 2
役職欠け 有り
合計 11人  人外4 村9(その内、呪われ1)
この部屋の特徴
  • 役職欠けの部屋です
  • そのため、自分の役職が「市民」と出ても「呪われし者」確定ではないので注意です
  • 能力持ちが多く、しかも誰かが欠けているため推理要素が非常に多いです
メリット
  • 能力持ちが多いです
  • 唯一、市民と表示されても高確率で呪われし者です
  • (役職欠けで市民になる事もあります)
  • 本来なら 2-2 の構成になりそうなところですが、恋人がいる為潜伏したり役職欠けで対抗がなかったり、という事があります
  • 複数死亡のケースも多い為、1試合が比較的短いところも利点です
デメリット
  • 占いや霊能の真偽が全く分からないまま進む可能性があります
  • その状態で占いなどを黒が乗っ取り成功すると、非常に村がきつくなります
コツ
  • 饒舌はあまりにワードが難しい場合は、黒猫のふりをしてしまうのも手です
  • この部屋は狂人がいないため、黒猫や狼少年が占いや霊能の対抗になると良いです
  • 番犬は占われる事で占い師の真偽判定に役立てます

人数が多すぎる部屋はオススメしない

  • 人数が15人くらいになると、覚悟がないと辛い事になります
  • まず部屋に人が集まるまでが大変。待ってる間に機嫌が悪くなる人が出て来る事もあります
  • このゲームは口が悪い人や我儘な人が混じると辛いものになりがちですが、人数が多いと当然そう言う人が混じる可能性も高くなります
  • そして15人が一斉に喋ると会話ログが早すぎて収集つかなくなります
  • 1試合が長くなるのも欠点
  • 初日に死ぬとゲーム終わるまで長いので辛いです
  • 占いCOが4人くらいでるとカオスすぎて推理はほぼ不可能になったりします
  • ただ、「カオス部屋」と呼ばれるドタバタ感を楽しむのは良いです
  • 黒猫などを多めにして、死亡者を増やすようにすれば展開が早くなって楽しめるかもしれません

オススメの部屋設定

  • 時短や延長は「過半数」
  • 人狼ゲームでは悲しい事に途中でゲームを諦めて落ちてしまう人や、電波の関係で落ちてしまう人などがいる
  • そんな時、「全員の賛成がなければ時短ができない」という状況になると全員に大きな待ち時間が発生してしまう
  • 難点としては初心者には少し展開が早くなってしまう事が挙げられるが、上述のデメリットを打ち消せるのは大きい
  • ただし、「饒舌な人狼」がいる場合は「時短」はマナー違反にもなる場合があるので要注意です
  • 「呪われし者」がいる場合、朝のロード時間で呪われし者が噛まれたかどうか上級者には分かってしまいます

(あなたは噛まれて人狼になりました、という説明が長いために朝の挨拶が少し遅れたりする)

  • そのため、「呪われし者」を入れるときは 15 秒ルールを設定すると良いです

総括

  • また面白い部屋が見つかったら追記しようと思います
  • 役職は50以上あるので組み合わせが凄い……
  • 特殊な役職を入れすぎるとバランス悪くなったりするのが、非常に難しいですね
  • それぞれの陣営がバランスよく楽しめる部屋を探していきたいです

(おまけ)
お気に入りのマイルーム設定を複数設定できるようにアプデお願いします!

もしオススメの部屋がありましたらコメントいただけるととても嬉しいです!