カッパとボードゲーム

カッパがひたすらプレイしたボードゲームのレビューをするブログ。脱出ゲームの感想も書いてます。

ラミーキューブ  シンプルだが奥深いカードゲーム 色彩豊かで女子にも人気

【スポンサードリンク】

Rummikub(ラミィキューブ)
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「年末年始のボードゲーム!」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「国内人気2位のラミーゲームを買ってみました。ちなみに1位は人生ゲームでした」

どんなゲーム?

  • 赤、青、黄、黒の1~13 のカード(各色2枚ずつ)で数字の組み合わせを場に出していくゲーム
  • 3,4,5,6 などの階段であるランと、 5,5,5,5などの色違いの同数字(グループ)を場に出す事が可能
  • 子供でも遊べるシンプルさでありながら、駆け引きも深い
  • ルール説明が5分で済むのは大きい
  • このゲームの最高の醍醐味としてアレンジがある。場に出てる 3,4,5,6,7,8 を 3,4,5 と 6,7,8 にして他のランやグループにくっつけて良いというルール
  • このルールのおかげで組み合わせが無限大に広がり駆け引きなどが広がる
  • 誰かが自分の手札を全てなくしたら勝利。その際、他の人たちは残ってた手札の番号だけ点数ペナルティを受ける
  • ジョーカーは強力だが、最後まで持っていたら-30のペナルティが痛い

ここが楽しい

  • シンプルだけど考え込んでしまう
  • 山札から手札補充もできるので、完全な計算だけでなくランダム要素もちゃんと混じってる
  • アレンジの組み合わせを考えるのが本当に楽しい
  • パネルが色鮮やかで見ていて綺麗。これが女子にも人気がある要因だと思う

ここが残念

  • 自分の手番でずっと長考してしまう事がよくある(手番で何枚でもプレイ可能のため)
  • そのためタイム制限などの要素が必要不可欠
  • また、1ターン目は 30点以上を一気に出さないとアレンジをできないという制約が辛い。アレンジが楽しいゲームなのに初期手札によってはずっと何もできない可能性がある
  • 一瞬で誰かがクリアしてしまう時と、グダる時とで1ゲームの時間差が激しい

実は同じトランプ2枚組でもできる?

  • ラミーキューブは 1~13 のカード(各4種記号*2枚)とジョーカー2枚があればプレイ可能
  • そのため、実は同じトランプ2組あればプレイができてしまう

しかし、その場合は11~13の絵札が直感的に数字が分かり難い。
ハートとダイヤ、スペードとクラブの区別も直感で付きにくい

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「何が言いたいかというと、2000円くらいで買えるゲームなのでケチらずに買うのが正解だと思う」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「ラミーキューブはカードとかのデザインもシンプルながらキレイですもんね」