カッパとボードゲーム

カッパがひたすらプレイしたボードゲームのレビューをするブログ。脱出ゲームの感想も書いてます。

さいころ倶楽部8巻感想 登場人物一新。今回は1対1のゲームが多め

【スポンサードリンク】

放課後さいころ倶楽部 8 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「ついに第二部突入!」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「主要人物が新1年生組になりました」

今回紹介されたゲームは

46話 ヘックメック
  • 2~7人用
  • サイコロを8こ振ってタイルを取り合うゲーム
  • 運要素が強そうだけど、毎回どの出目をピックするかで駆け引きが起きそう

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「ルールがシンプルなのはとっつきやすくて良さそうだね」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「どの程度駆け引き要素があるのか、やってみないと分からないなー」

47話 ファミリア
  • 2人用
  • 紹介されたゲームよりも作者のファンキーさが凄く印象に残った
  • ルールは複雑そう

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「どの手札がどの能力を持つか……全てを覚えた上で駆け引きができるタイプのゲーム」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「ちょっとインストールの敷居が高そうな感じだね」

  • ちなみにこの話でミドリさんが登場
  • まさかの敵ポジションとして登場。これはスリリングな展開
48話 クアルト
  • 2人用
  • ルールが凄くわかりやすい4目並べ
  • 注意散漫な方が負けるタイプのゲーム
  • でも形、高さ、色、穴、4つの要素の全てを気にするのは難しそう
  • 相手に渡す駒を選べるので長考しちゃいそうだけど、そこんところは実際どうなんだろう

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「ルールが超シンプルだし、手軽さで楽しむタイプのゲームかな」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「まさに子供相手でも楽しめるゲームですな」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「駆け引きしまくりたいゼーー、という人には向かないかも」

  • ちなみにストーリーではナオが店長の部屋に肉じゃがを持って訪れる事から始まる
  • 店長のモテモテっぷりが止まらない

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「ちなみにこの話は店長の壁ドン(妄想)が見れるところがポイント」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「明かされてる店長の過去。NTR……」

49話 チャオチャオ
  • ブラフゲーム
  • 筒の中でダイスを振って、宣言したダイス目だけ進める。ただし嘘をつける
  • もしダウトをコールして正解したら相手を谷底へ落とす事ができる(その時の掛け声がチャオチャオー 『さよなら』の意味)
  • ダウト失敗したら自分が谷底に落ちてしまう
  • サイコロの出目の5と6がバツになってて、強制的に嘘をつかなければいけない状況があるのが面白い

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「ちなみにストーリーでは新キャラ、時坂ちゃんが登場」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「不良っぽい女の子と委員長っぽい子という組み合わせは良いね」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「ゲーマーでブラフゲームが得意というギャップもまた良し」

50話 魔法のラビリンス
  • 2人〜4人用
  • 今回紹介されたゲームの中で、ボードの面白さは一級
  • 床に磁石が設置されているため、『見えない壁』があるという発想は素晴らしい
  • 肝心のゲーム性は記憶力8割、駆け引き2割といった感じかねぇ(閉鎖空間を作ってはいけないらしいので、そこから壁を少しだけ推測できる)

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「年をとると神経衰弱系の記憶ゲームが辛い……」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「ゲームをしてて自分の衰えが悲しくなっちゃいますよね」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「まぁ、なんやかんやでプレイすると楽しいんだけどね」

9巻への引き

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「最後にサイコロクラブのメンバーと新登場人物が出会ったところで終了!」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「うわー、続きがキニナルー」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「ミドリさんへのリベンジマッチとかもするのかな」

新キャラの感想

黒崎ナオ
  • 不良と誤解される少女
  • 子猫っぽい
  • 店長ラブ
  • 何気に記憶力のゲームに凄い才能がありそう

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「モテモテ店長……」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「果たして事案発生なるのか」

時坂カンナ
  • メガネ委員長
  • ミドリさんと違い、おどおどタイプ
  • でもブラフゲームが得意という一面を持つ
  • ボードゲーム大好き少女

総評

  • 既存のサイコロ倶楽部メンバーはミドリさん以外はラスト1コマくらいしか出ないので残念
  • 代わりに新キャラが2人
  • 店長はよく出る。しかもモテる
  • 計5つのゲームが紹介されてた
  • エミーのパパンも最後にちょこっと出る
  • 生徒会長さんも序盤にちょこっと出てた
  • 凄く良いところで終わってしまう
  • 本作のメインテーマである「ゲームを通じて友達を作る」という原点をまた感じられたのは嬉しいところ
  • ナオも少しずつ友達が増えていくと良いねー