カッパとボードゲーム

カッパがひたすらプレイしたボードゲームのレビューをするブログ。脱出ゲームの感想も書いてます。

バトルライン 1対1の駆け引きならばこれ! 頭脳戦が熱すぎる

【スポンサードリンク】

ボードゲーム バトルライン 日本語版2016
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「1対1の駆け引きが熱い! バトルライン!!」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「後で別記事を書きますがアソビcafeで一番初めにオススメされたゲームでした」

大人気のためプレミア価値がついた逸品だとか。流石です。

バトルラインとは?

  • 1対1の対戦ゲーム
  • ポーカーを元にした点取りゲーム
  • 次にどのカードを引くかは分からないので、運要素も適度にありワクワクする
  • 駆け引きが非常に深い

ルール

  • プレイヤーは9つの陣地を奪い合う(陣地は横一列に9個並んでいる)
  • 勝利条件は5つ以上の陣地を獲得するか、三つ横に並んだ陣地を獲得したらその場で勝利
  • 一度取られた陣地はもう取り返せない
  • プレイヤーは1〜10の数字が書かれた6色のカード(計60枚)の手札5枚を用いる
  • 1枚カードを出したら1枚を山札から補充できる
  • 一つの陣地にカードを3枚までおける。その役が相手より高ければ陣地を獲得できる
  • 特筆すべきは「証明」というルール。その陣地でどうやっても相手の役よりこっちの役の方が上になると証明できた場合のみ、その陣地を獲得できる

(証明は場に出ている情報のみで行う。例えば、場に既にアレとアレのカードは出ているので、この役以上は相手は作れない。よってこちらの勝利 と言った感じ)

手役は強い順に下記の通り
ロイヤルストレートフラッシュ ……… 同じ色のストレート
スリーカード ……… 同じ数字の3枚
フラッシュ ……… 同じ色の3枚
ストレート ……… 6、7、8などの階段の数字
ブタ ……… 上記以外

同じ役同士だった場合は数字が多い方が勝ち。同じ数字だった場合は先に役を完成させた方が勝ち。
ブタの場合は合計の数字で勝負。

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「役はポーカー準拠なため覚えやすいね」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「後攻の方が相手の出方を見れるので若干有利……しかし同じ手役の場合は先に作った方が勝利なのでその点では先手有利とも言えるいいバランスですな」

Good

  • 証明のルールがとても面白い。相手がすごく強力な手でもこちらがまだ手を晒さなければ相手はなかなか証明をできないもどかしさがある。

 また、自分の手札にある情報から相手がブラフだと読めていても証明できないのが凄く悔しかったりする。

  • 役を作るポーカー的な楽しみと、どの陣地から相手を倒すかの戦略性があり楽しい
  • 一発逆転が可能で最後までワクワクする
  • 相手のカードを推理したりと駆け引き要素が非常に強い
  • 拡張カードもあるのでマンネリ感を感じてきたら是非
  • 速攻で連続3陣営取られて決着がつくこともあるので一回の勝負は短め?(長考したくなるゲームなので長くなる時は長くなるかも)

Bad

  • 独特なルールなので(特に証明に関しては)コツを掴むまで時間が必要かも
  • 運要素(手札が事故ると痛い)があるのでガチの対戦を望む人にはその部分がちょっと不満かも。個人的にはこの運要素があるからこそ楽しいゲームだとは思いますけど。

総評

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「1対1でここまで盛り上がれるゲームは初めてかも!」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「ルール自体はシンプルで駆け引きは熱い、という理想的なゲームですよね。コツを掴むには慣れが必要そうですけど」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「ボードゲームやカードゲームをしたい。でも人数が集まらなかった……そんな時には是非オススメです」