カッパとボードゲーム

カッパがひたすらプレイしたボードゲームのレビューをするブログ。脱出ゲームの感想も書いてます。

ナショナルエコノミー 対戦の感想とコツを考察

【スポンサードリンク】

ナショナルエコノミー
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「ナショナルエコノミーが楽しすぎたので対戦の感想と考察を!」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「参考になれば幸いです」

プレイ環境

  • 4人
  • 全員初めて(ただしボードゲームには慣れているメンツ)

初プレイ

  • 労働者を無闇に増やすのは危険と見て、堅実なプレイをするA, B
  • 労働者をたくさん増やしてみる C, D に分かれる

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「性格がプレイに出るのが楽しいところ!」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「管理人は完全に保守派でしたね」

  • A,Bが家計からお金を取り続けるのでDはただでさえ高い賃金を払えなくなる

(家計から得ようとしたら家計が空っぽだった悲劇)

  • 高価な建物が売りに出る
  • Cはかろうじて賃金を払えるかどうかの生活

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「高価な建物が売りに出ると、スタートプレイヤーがそれを使えちゃうから一気にスタートプレイヤーが有利になるね」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「売ると捨てた手札も戻らないし損になる事が多い。さらに他のプレイヤーにも使えちゃうからリスクが高い訳ですね」

  • A、Bはお金を増やしたいが労働者が二人しかいないので現状維持になりがち

(一人目は家計を取りに行く。二人目は家計を得るためのカード確保で精一杯)

  • 稀にA,Bがスタートプレイヤーになった時に強力な職場に通えて利益がちょっと出る
  • Dは借金が積もりヤケッパチになる
  • Cは労働員の多さから強力なカードを使え始める

最終的な順位は
1位 C : 強力なカードが出揃って来ると労働者のフル稼働が効いてきて色々なものを生産できるようになる
2位 B : Aと僅差だったが、最後にスタートプレイヤーになり家計を吸い尽くせたのが大きかった
3位 A:最後に農業大作戦で消費物を3点還元するが、Bには届かず
4位 D:後半の追い上げが凄かったが初めの借金が痛かった

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「労働者二人だとどうしても手狭になってしまい先がなくなるよね」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「初回は高価な建物が売りに出たので結構バランスブレイクな勝負になったかと思います。スタートプレイヤーが超有利、みたいな感じで」

2回戦

  • Aは「前回は保守的だったので今度は労働者を増やそう!」と考える
  • Bは「先ほどの作品でそこそこうまくいったので、今回も保守的で行こう」
  • Cは「労働者の確保がやっぱり強い。でも建物を売るのはリスクが高いから極力売らないように頑張ろう」
  • Dは「カードの供給がこのゲームでは一番大事そうだ。まずは供給源を作り、そしたら従業員を増やしていくぞ!」

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「みんな慣れてきたせいか、一回戦とは大きく違う感じの流れになった!」

  • 高度な建物が売りに出ない(そのためスタートプレイヤーを取ってもあまり良い職場がなく、建物を建てないとカードの供給源がほとんどないという状態だった)
  • Aは労働者を沢山雇うがカードを増やす方法がなく倒産へ……(労働者一人で一枚のカードを取ってくる感じのしょっぱい商売になる)
  • Bは堅実な作戦でそこそこの利益を出すが、やはり爆発力を持たないため2位に
  • Cは借金覚悟で大きな勝負に出る。そして「法律事務所」の建設に成功したため、借金を5枚までチャラというコンボが成立しなんとか倒産は免れる。3位
  • Dは初めに「カードを3枚引く」という供給源を確保。おかげで経営がうまく回りカードを沢山増やしては良い職場を建設して売りさばくという順風満帆な企業になった

対戦のコツ

  • 基本的に「カード1枚=6ドル」の価値があると考える(全員が使える換金技の額)
  • 稀に1コストで建物を建てられて8ドルで売れる割の良い建物がある
  • しかし他は大抵売値が「1枚=6ドル」の価値を下回る。売るのは危険
  • 珈琲店が超強いと思われたが、家計から5ドルを得るだけだと足りなくなることに気づく。そもそも家計が空だったりする

(それでも珈琲店は8ドルで売れるので強いカードだと思う)

  • 農家などが売りに出たが、消耗品2枚を引くだけでは事業を拡張できないので悩ましいところ。決して悪くないカードだがもっとカードを引く供給源が必要
  • 家計を当てにしすぎると破滅する。建物を売って負債をしのぐ事も計算する
  • 建設工場などで「いかに低コストで高い価値を生み出せるようになるか」が大事。どこかでその機能を得ないと破滅する
  • 負債は1ドルにつき−3ポイントなので極力出さないようにする(ただし法律事務所だと負債が5枚まで無効なので敢えて負債を取る戦法もある。大変だけどね……)
  • 「ゼネコン」などで供給源が確保できるとバンバン行動できるようになるので何か一つは高い価値を生む供給源が必要