カッパとボードゲーム

カッパがひたすらプレイしたボードゲームのレビューをするブログ。脱出ゲームの感想も書いてます。

「ニムト」大人数でワイワイやるのに最適。ドイツゲームの代表的なカードゲーム

【スポンサードリンク】

Amigo ニムト
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「少し通なボードゲーマーなら一度は耳にしたことがあるゲーム、ニムト!!」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「大人数でやると本当に盛り上がれるゲームですよね」
【目次】

どんなゲーム?

  • 初めに10枚の1~104の数字の手札が配られる。カードには牛のマークが1~5個くらい付いており、これがペナルティの数字になる
  • 場には4列にカードが並んでいる
  • みんな「一斉のせ!」でカードを一枚出す。低い数字を出した人から順に後述の処理をしていく
  • 出したカードは列に出ているカードの一番近い数字のカード(厳密なルールはルールブック参考)に置いていく。そして6枚目のカードを出してしまった人は、その列のカードを全て引き取りペナルティとして加算される
  • これを手札がなくなるまで試していく

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「ルールはシンプルなんだけれど、初めてやるタイプのゲームなので初心者は戸惑いそう」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「3ターンくらいやるとルールがすぐに分かる感じですよね。あっ、そういう事かー!と」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「置けるカードが一気に少なくなったりするのが楽しいんだよね。安全と思って出したカードが危険になったりして」

Good

  • 2~10人という遊べる人数のバリエーションが非常に大きい

(しかし個人的には4人以上にならないと『予想外』が起こりにくいので5〜6人推奨)

  • 他に類をみないオリジナリティ溢れるゲーム
  • ルールは独特だがシンプルなので、一度覚えれば子供から大人まで幅広く楽しめる
  • 相手のカードを読み合うゲームなので駆け引きは無限大
  • かといってランダム性も強いので運要素も無限大
  • コツが分かるようで分かりにくい、場によってコツは変わるので必勝法を考えるのは難しい。そのバランスが素晴らしい
  • ポケットサイズなので持ち運びが楽
  • 知名度が非常に高い古くからあるゲーム(といってもゲーマー以外は知らない)

Bad

  • 大人数すぎると運ゲー感が強くなる。それも一つの醍醐味とも言えるが。

(出るカードの数が多すぎて予測が不可能の領域になるので理詰めの人は嫌がりそう)

  • 数字の上下が分かりにくい。86 とか、 98 か区別がつきにくい(牛の絵が書いてあるので上下が勿論分かるが、パッと見で判断しにくい)
  • 点数計算が面倒(いちいち数える必要あり)
  • 前述した通り、ルールはシンプルだがオリジナリティが高いので経験者が一人もいないと少し分かりにくいかも

総評

f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「ゲームは初回の印象が大事だと思うので、初対戦なら5人でやってほしいかなー」
f:id:InvokeTwoA:20151215172640p:plain「いきなり二人で対戦しちゃったりすると別ゲーすぎますもんね」
f:id:InvokeTwoA:20151023183618p:plain「大人数で一度はやってほしいゲームですy」