カッパとボードゲーム

カッパがひたすらプレイしたボードゲームのレビューをするブログ。脱出ゲームの感想も書いてます。

柔軟な思考ゲーム、ブラックストーリーの感想と評価

【スポンサードリンク】

イエスかノーの質問のみで、謎の真相を解きあかせ! 

ブラックストーリーズ:50の“黒い

ブラックストーリーズ:50の“黒い"物語

 

イエスかノーの質問のみで回答を見つける「10の扉」。

その問題ケースをあらかじめ用意してくれているブラックストーリー。

思考ゲームが好きな人にはたまらない一品。

はじめは大きなカテゴリの質問でジャンルを絞っていき、最後は詳細が分かるような質問に持っていくのが吉。

(例)それは現実で起きますか?

(例)それは日本でも起きますか?

(例)それは東京内でも起きますか?

など。場所や時間など限定していくのが大事だ。

たまに答えが神話や童話のものだったりする事もあるので、先入観にとらわれない柔軟な発想が大事となる。

詳しく紹介したいけれど全てがネタバレになってしまうのでここまで。

ここが良い

  • 想像力が膨らむ。
  • 少しずつ真相に近づいていく感じがワクワクする。
  • スペースなど何も使わない。極端な事を言えば、話さえできるスペースがあればどこでもプレイ可能

ここがネック

  • 当然ながら一度解いた問題は使えない。
  • 外国産なので、中には日本の状況では理解しにくい回答もある。
  • ダークなストーリーも多いので、子供とは遊びにくいかも。
  • 特に質問数の制限や勝敗がカウントされるわけではないので、勝負を求める人には不向きかも。
  • 問題によっては難しすぎる。
  • 行き詰まると完全に沈黙してしまう。
  • 出題者は問題に参加できない。