カッパとボードゲーム

カッパがひたすらプレイしたボードゲームのレビューをするブログ。脱出ゲームの感想も書いてます。

記憶力と推理力が試される、パイレーツコード の感想・評価

【スポンサードリンク】

記憶力と推理力を頼りにした財宝争奪戦、スタート!

パイレーツコード

どんなゲーム?

プレイ人数: 3〜4人

<勝利条件>

1〜18の数字が割り振られたカード(それぞれ特殊効果持ち)の内、

プレイヤーの誰にも配られていない2枚の数字を当てるゲーム。

 

順番はターン制で、プレイヤーはカードを使うか、推理をするかを選べる。

推理をする時は

( ^ω^) 財宝は……5と13!

すると、時計回り順に、そのどちらかのカードを「持ってる」か「持ってない」かを答える。

途中で「持ってる」宣言が出たら推理失敗で終了(いちおうゲーム中一度だけ、そのまま推理続行をする権利を行使できる)

全員が「持ってない」と答えたら勝利。

どんなカードがある?

  • 連射:追加で2ターン得るカード
  • 聞き込み:「この数字より3大きいカードを持ってますか?」など個人に聞くカード
  • 偵察:プレイヤーのカードをランダムに覗くカード
  • 千里眼:自分のカードを2枚公開する代わり、財宝の一枚を見れるカード
  • 強奪:一番手札が多いプレイヤーのカードを1枚奪う

ここで、推理だと全員の公開情報になるのに対し

カードの特殊効果は自分と相手だけが情報を増す場合が多い。

強いカードほど使用条件も厳しくなるので悩ましい。

駆け引きが楽しい

強いカードは強奪される前に使いたい。しかし、強いカードは使いどころが非常に難しい。

千里眼は一見強いが、自分以外にも相当な情報を他プレイヤーに教えてしまうリスクがある。

一方、連射の2連続推理はかなりの脅威。一番警戒しなければならないカード。

 

いつも早く使われるようなカードがいつまでも使われない→もしかしてそのカードは場の2枚なのでは?

という推理もできたりする。

個人的には千里眼と連射のコンボがかなり強いと感じた。

ここが良かった

  • 「そろそろ誰か当てちゃうかもー」というワクワク感
  • 一発逆転で早めに推理に賭けることもできる。勝利のチャンスは平等!
  • ドット絵の可愛い絵柄
  • 10分ほどで終わるので手軽。
  • ポケットに入るサイズなので持ち運びが楽
  • すべてのカードを把握してなくてもそこそこ勝負できる。インストールが超楽。※1
  • 拡張カードも初めからあるので、多彩なプレイが可能
  • 公式ページで説明書などが配布されていて親切

※1  もちろん全てのカードを知ってる方が駆け引きができて楽しい。

「あの強いカードがまだ出てないのは何故だ? ひょっとして財宝に……」とか。

ここがネック

  • プレイヤー人数は3、4人限定
  • 記憶力を使うので、けっこう頭が疲れる 笑
  • 全ての情報はとても覚えきれないので結構こんがらがる