カッパとボードゲーム

カッパがひたすらプレイしたボードゲームのレビューをするブログ。脱出ゲームの感想も書いてます。

ロストレガシーはロマン溢れる推理のゲーム

【スポンサードリンク】

あの有名な『Love Letter』の作者、カナイセイジ様が同ゲームのシステムを継承した推理ゲーム。

ロストレガシー

ロストレガシー

 

どんなゲーム?

このゲームの勝利方法は二つ。

自分以外のプレイヤーを全員倒すか、最後の推理ターンで遺産を見つけ出すこと。

 

プレイヤーのターンにできる事は、自分の手札(1枚)か、新たに引いたカード(1枚)のどちらを使うか。

たったそれだけなのに高度な駆け引きができるのは見事ですね。

どんなカードがある?

  • プレイヤーの手札を見るカード、
  • カードを墓地に置くカード(墓地とはカードの捨て場のようなもの)

番号が低いカードほど、最後の推理ターンで早めに推理を言う権利を持てます(強力)。

ただし番号が低いカードほど、持っているリスクが高まるので悩ましい。

(たとえば番号1のカードは、ゲーム中にこのカードをプレイヤーに見られたら敗退してしまうというもの)

ここが良い

  • 1ゲームが5分ほどで終わり非常に短い。
  • 最後の推理ターンのワクワク感は見事。
  • 表情やカードの出し方など、高度な駆け引きができる
  • 運要素もあり、おかげで誰もが勝利のワンチャンがあったりする。 ※1
  • カードの絵柄が可愛い。ロマン溢れるストーリーが想像しやすい。

ここが悔しい

  • 早めに倒されてしまうと推理に参加できず悔しい ※2
  • 十枚のカード内容を覚えてからが本番 ※3
  • 拡張版は少しカード効果が複雑なものが多い

※1

いざとなったら推理フェイズで当てずっぽうで遺産の場所をいう事も可能。

 

※2

極端な例を挙げれば一度も自分のターンが回ってくる事なくゲームオーバーになる事がある。

もっとも、1ゲームが5分ほどと短いので「じゃあ次だ!」と思えるのが良いところ。

また、拡張カードも多いので途中ゲームオーバーが少ない組み合わせなどで遊ぶのも良い。

 

※3

十枚のカードを覚えてもらう必要があるので、少しインストールに時間かかるかも